VRギャラリー

VR Gallery : VR空間で名画を鑑賞(画像をクリックしてVRギャラリーページに移動)

南薫造展が開催中。 https://www.hpam.jp/museum/exhibitions/%E6%B2%A1%E5%BE%8C70%E5%B9%B4%E5%8D%97%E8%96%AB%E9%80%A0/ 今回は「タイトルによる作品比較」と「作品に込められた作者の思考」について、なんとなく考えながら見ていたらめっちゃ疲れた。 作品の中に「スコットランドの老人」「少女」という作品があった。 なぜこっちの絵には「スコットランドの」という形容を入れ、少女の方はただ抽象的に「少女」なのだろうか。この老人は、単なる抽象的な老人として描いたのではなく、「スコットランドの」という具体性を重視したかったのだろうか。一方、少女は抽象的な少女一般を描きたかったのであり、「どこどこの」少女という具体的な少女(もしくは「この」少女)をを描きたいわけではなかったということだろうか。 そして実際に絵を見たときに「スコットランドの」という具体性はどこに発揮されるのか・・・等々を考えていたらこの思考に意味はあるのだろうか?と思い始めた(笑)。 他にも、例えば、「静物」(Still Life)という作品があるのに対し、「りんご」という作品もあった。 このようにタイトルの抽象性を相対的にみることにより、 作者がこの作品で何を重点的に考えていたのか、 もしくはどういう思考でこの作品を描いたのかが、 理解できるのかもしれないけどと思った。 南薫造展以外にも、シュルレアリズムに関する展示もあり、 私のような初心者でも知っているサルバドール・ダリの「ヴィーナスの夢」などの有名作品もあった。 総じて有意義な時間であった。

大阪府大阪市中央区難波1-6-4

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷943

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


新潟県魚沼市青島1501-16

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


三重県伊勢市宇治浦田2−4−65

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


長野県須坂市大字野辺1386-8

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0