VRギャラリー

VR Gallery : VR空間で名画を鑑賞(画像をクリックしてVRギャラリーページに移動)

北鎌倉駅から徒歩2分、有名観光地の円覚寺と明月院の間に位置しています。 場所が観光地なだけあってミュージアム前の往来には沢山の人が行き交っていました。 特に今の時期(訪問は6月26日)は紫陽花の季節のため、紫陽花の名所「明月院」に向かう人々で賑わっていました。 そんな中、北鎌倉古民家ミュージアムは知名度があまり高くないのか、数名の入場者しかおらず、ゆっくりと古民家、展示品、紫陽花を楽しむ事ができました。 特に今の季節は古民家を一周して100種類以上の紫陽花が楽しめるため、超穴場の紫陽花狩りスポットです。 屋外で見る紫陽花も素晴らしいですが、日本家屋の窓越しに見る紫陽花は格別な雰囲気があります。 また、紫陽花の季節に合わせて「あじさいの小径とあじさい展」が開催されており、庭に植えられた本物の紫陽花と紫陽花をモチーフに描かれた絵画を同時に楽しむ事ができました。 人の少ない所でゆっくりと紫陽花を楽しみたい方には是非オススメのスポットです。 紫陽花だけではなく、古民家の建物も江戸後期から明治初期(詳細な築年数は不明)の建築というだけあって、見所が満載でした。 ■ 企画展情報 あじさいの小径とあじさい展 2022年5月18日(水)~2022年7月3日(日)
会津高原の沼沢湖のほとり、木々の緑と花々に囲まれた丘の上は、妖精が本当に住んでいる土地のように思えます。  美術館はイギリスのマナー・ハウス様式で、尖塔やバルコニーがつき、内部は吹き抜けで天井が高く、中二階の回廊も展示できるという、ケンブリッジにあるフィッツ・ウィリアム美術館のような構造です。天野喜孝デザインのステンドグラス「妖精たちの月夜の共饗宴」ほか、妖精にまつわるアートや資料が展示されています。二階には温かく火の燃える暖炉を囲んで、何代にもわたって「フェアリー・テールズ」が語られていたヴィクトリア朝時代の居間が再現され、妖精が取換え児(チェンジング)をする「ゆりかご」、糸紡ぎ妖精ハベトロットやトム・チット・トットが使ったと思う「紡ぎ車」が置かれていて、館長の井村君江氏による「妖精の国」のビデオ上映(15分)も興味深い。  例年4月から11月という限られた期間、企画展が開催。 2022年の企画展は、「サロメ幻想 〜ワイルド、ビアズリーから現代作家まで」 オスカー・ワイルドの「サロメ」をキーワードに、うつのみや妖精ミュージアムの貴重な資料の展示とともに21人の現代作家によるサロメをテーマとして作品の競演。 マンタム氏による空間造形で、ここでしか見ることのできない空間が展開されている。 ◎参加作家(50音順) 愛実 Ayumi、大木美津江、小笠原勝、妃 耶八、木村龍、小峰恵子、相良つつじ、さちこ、JUMPEI TAINAKA、多賀新、T.T.Angie、戸田和子、二階健、衣、林美登利、マンタム、三浦悦子、村田英子、森園みるく、山下昇平、山村俊雄 ◎会期 2022年4月29日(金)〜11月10日(木) ◎場所 金山町妖精美術館 https://www.town.kaneyama.fukushima.jp/site/kanko/museum.html

千葉県市川市堀之内2丁目27番1号

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


愛媛県上浮穴郡久万高原町東明神乙333-1

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


熊本県熊本市西区島崎4-5-28

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


東京都中央区銀座2-11-19

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


茨城県笠間市笠間1番地

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


兵庫県姫路市本町68番地

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0